離婚届の書き方 用紙、不受理について

別れる際には一度ですっきりがいいですよね

離婚届の書き方

離婚届の書き方はいざとなるとどう書けばよいかわからない場合があります。さらに正式に受理されるように離婚届を書く必要があります。

婚姻届もそうですが、ちゃんと書き方がわかっていないために受理されなかったというケースが離婚届にも多くみられます。

ここでは離婚届の書き方を説明していきます。

離婚届の書き方

まずは離婚届の書き方を解説していきましょう。

離婚届は黒インクまたは黒ボールペンで書きます。
丁寧な楷書で書いていきましょう。その際、間違えた場合は修正液などを使わずに二本線で消し、訂正印を押して訂正しましょう。

名前は離婚前のものを書きます。
住所は住民登録しているものを記載し、丁目、番地などは1-2-3などとは書かずに1丁目2番地3号などと書くようにします。
離婚の種類は調停や裁判を利用しないのであれば協議離婚のチェックを入れます。
証人の欄には20歳以上の2人の名前、住所、生年月日、本籍を記入してもらいます。

以下のことに注意してください

離婚届を提出するのは、婚姻中の本籍地か現住所の役場がよいでしょう。本籍地以外の役場に提出する場合は、離婚届と一緒に戸籍謄本が必要です。
どちらか一方が提出してもいいですし、郵送でも受理されます。

未成年の子供がいる場合は、どちらかが親権を持つことを決め、離婚届に記載します
父母の離婚によって別戸籍になってしまった子を、同じ戸籍に入籍させる場合は、「入籍届」という届出が必要になります。この届出には家庭裁判所の許可が必要です。