エンゲージリングの選び方

婚約指輪の選び方や相場など

エンゲージリングの選び方

婚約指輪は一生に一度の大きなプレゼントです。そんなエンゲージリングの選び方を詳しく解説していきます。後悔しない、納得できるエンゲージリングの選び方を理解しておきましょう。

ダイヤモンド

エンゲージリングにはダイヤモンドが施されたものが定番です。
基本的なエンゲージリングの選び方に、ダイヤモンドの4Cというものがあります。これは4つのCの頭文字をとったもので、カット、カラット、カラー、クラリティーのことを指し、ダイヤモンドの価値や値段の基準になっています。
これら4Cをエンゲージリングを選ぶ際に参考にしていきましょう。

カット

カットの仕方によってダイヤモンドの輝きが誰でもわかるくらい変わってきます。基本的にはカットはできるだけ妥協しないほうがよいでしょう。カットは5段階にグレード分けされていて、エクセレント、ベリーグッド、グッド、フェア、プアに分けられています。

カラット

カラットとは宝石の重量を表す単位のことです。1カラットは1.00ctと表示され、重さは0.2g。カラット数が大きくなるほど重量が増し、値段も上がっていきます。カラットを選ぶ際は0.3~0.5ct前後が人気ですので目安にしておくとよいでしょう。ただし、カラットが大きくなったとしても、カラットは重さの単位ですので、単純にカラットを上げてもダイヤの直径はカラットの上げ幅よりも見た目ではわからないほどしか変わらないことがあります。

カラー

カラーとはダイヤの色味のことで、無色透明のDから始まり、アルファベット順にZまで23段階に格付けされています。Zに近づくほど薄い黄色味をおびてきて値段も下がっていきます。Hまではほとんど透明で素人では見分けがつかないほどですので、H以上を目安に考えておきましょう。

クラリティ

ダイヤの透明度を示す基準でルーペなどを使ってダイヤモンドの内包物を見て判断されます。内包物が大きかったりすると輝きに影響してきますが、エンゲージリングはVSという10倍の拡大検査でも内包物の発見が多少困難なものでも十分です。最高グレードのものはほとんど存在しないような希少価値がつけられ値段があがりますので、あまり気にしないでもよさそうです。

給料3か月分?

よくエンゲージリングは給料の3か月分が目安と言われていますが、これは正式なものではなく広く知られているだけでエンゲージリングに値段は関係ありません。
本当に大切な人に贈る一生のプレゼントとしてお互いに予算と相談しながら選ぶようにしましょう。
ただし、エンゲージリングは一生ものですから、そのときだけ着けたい、着けられるものを選ぶのではなく10年後、20年後にも大事につけていられるエンゲージリングを選びましょう。