出産祝いの相場 金額、マナー、書き方など

出産祝いの相場やマナー

出産祝いの相場

知り合いへの出産祝いってどんなものを渡せばいいの?相場はどれくらい?
と思ったことはないでしょうか。一般的な相場や出産祝いとして一般的なものを紹介したいと思います。是非参考にしてみてください。

出産祝い

出産祝い一つにしても、自分の立場によっては出産祝いを贈るタイミングというものがあります。そのタイミングは、出産した方から「出産しました」という報告があってからです。上記の例外として、身内、本当に親しい友人が挙げられます。

産婦の所へ伺う場合は、出産してから1ヶ月ほど経った落ち着いた頃を選ぶのがベストです。その場合は産婦へ体調や都合を電話などで聞いてからにしましょう。特に出産後は健康状態も回りに影響されやすいため、伺う側も風邪などに気をつけて向かいます。

出産祝いの相場と目安

一番悩むのが出産祝いの相場です。自由に使える現金にするか、それとも赤ちゃんのための洋服などを出産祝いとするか・・・。
出産祝いとして渡すものを現金にしても、品物にしても相場は気になります。

一般的な出産祝いの相場は現金も品物も5千円から1万円ほどです。
出産祝いを渡す相手によってその中身を変えますが、5千円から1万円ほどの品物や現金を渡しておけば無難です。

お祝いランキング

出産祝いには現金と品物と、大きく二つに分かれます。
金銭的な相場については上で説明しましたので、今度は送る品物の例を挙げていきたいと思います。

例えば、ベビー服などが一般的で、その理由は出産後すぐに生まれた赤ちゃんに使え便利だからです。
そのほかに、出産直後は役に立たないものですが、しばらくしてから役に立つものを送るのも一つの手です。
例えば赤ちゃんの記録を収めるアルバムを贈ったり、おもちゃ、幼児用の食器など。

もし出産祝いを頂いたら

出産祝いを贈る側も色々悩みますが、もし出産祝いを頂いたらどうすればいいのか悩むこともあるかと思います。

基本的に出産祝いを頂いたら、「内祝い」というお返しを贈ります。
こちらの内祝いの相場は、出産祝いで頂いた品物や現金の約1/3程度でお返しすれば大丈夫です。
出産を知らせた方全員に贈るのが基本ですが、出産祝いを頂いた方にだけ贈る方も増えているようです。

それ以外に贈る方は、結婚式の際の仲人、病院の医師などです。

内祝の表書きは
「内祝」と書いて、赤ちゃんの名前を表書きにします。