印鑑証明の取得・取り方 委任状、代理でも

様々な手続きで必要になる印鑑証明の取り方

印鑑証明の取得・取り方

印鑑証明は車や家などの大きな買い物をするときに用意する必要があり、初めての方はどのように取得したらいいかわからないことが多いでしょう。ここでは印鑑証明の取り方を解説していきます。

印鑑証明とは

印鑑証明とは、市区町村に印鑑を登録してあることを証明するものです。

この印鑑証明があることによって、その印鑑が本人のものであるということを公的に証明するもので、大きなお金が動く買い物や取引などの場合、印鑑の信頼性を証明するために使うことが多いでしょう。

このような場合にはほとんど印鑑証明が必要になり、印鑑だけでは何の効果もなく、印鑑証明があって初めて印鑑の効力があるのです。

まずは印鑑を登録する

印鑑証明は市区町村役場、役所にて発行してもらいます。
まずは自分だけの印鑑をハンコ屋に作ってもらいます。できるだけ量産品は使用しないほうがよいでしょう。また、ゴム印などの変形するものも印鑑証明では利用できません。

作ってもらった印鑑をまず印鑑登録します。
印鑑登録には、印鑑と免許証などの写真のついた身分証明書を持参し、必要書類に住所・氏名・生年月日などを記入して提出すれば登録されます。

このように印鑑登録をすると印鑑登録カードが発行され、登録した印鑑は実印となります。

登録した実印の印鑑証明の取り方

次に、登録した印鑑の証明書、印鑑証明を取る方法です。
印鑑登録証明書交付申請書に必要事項を記入し、印鑑登録カードを添えて窓口へ提出します。
これだけで印鑑証明を取得できます。

また、窓口だけでなく、自動交付機でも印鑑証明を取得することができます。

印鑑登録できない印鑑

印鑑登録できない印鑑は、他人が既に登録しているものや、名前以外のものが彫られているもの、朱肉を使わないもの、機械で自動作成されたようなものなどです。
また、印鑑登録は一人1個までとなっています。