結婚式のマナー 受付、挨拶、招待状の返信など

結婚式当日だけでなくその前後のマナーも解説

結婚式のマナー

お友達、同僚、先輩、後輩と人付き合いをしていれば誘われる結婚式。結婚式に行く方、これから結婚式を行う方、既に結婚式を終えてしまった方もこの機会に結婚式のマナーを確認してみると意外と知らなかった、ということもあるかもしれません。

これから結婚式を行う方

仲人?結納・・・?

結婚式の際によく聞く仲人という言葉や結納という言葉。仲人というのは、後述します結納から挙式、更には結婚をしてからも色々と結婚後の相談や、両家を取り持つ人の事を指します。

ですので、仲人を選ぶ際は結婚相手と一緒にじっくりと選び、手紙や電話などの手段で内諾を得てから二人で一緒に仲人の方へお願いしに行きましょう。その際手土産を持っていくことを忘れずに。仲人へのお礼やお歳暮お中元も忘れないようにしましょうね。

結納は、二つの家を結び収めるという文字通りの意味を持ちます。この結納は結婚をします、という儀式のようなものです。仏滅を避けて、両家の都合の良い日に行います。

贈り物や現金を「結納金」や「結納品」と呼び、関東と関西では若干方式が違います。
関東では男性側が結納金や結納品を女性側に送り、女性側は結納返しとして品物を男性側に送ります。関西では男性側が結納金や結納品を女性側に渡し、女性側は受け書を渡します。

結婚式の形式を決める

結婚式の種類はいくつかあり、神前結婚式とキリスト教式結婚式の2つと海外で挙式をする場合や何でも自由に挙式を演出することが出来る人前結婚式があります。それぞれの結婚式にもそれぞれのマナーがありますので、気をつけましょう。

神前結婚式は日本の伝統的な挙式方式で、服装は一般的に和服です。
キリスト教式は、基本的に洋装で行います。新郎新婦のどちらもキリスト教徒でない場合は、キリスト教である知人などに紹介してもらう、という形でキリスト教式の結婚式を挙げる事が出来ます。

また、最近では結婚式を挙げない方々もいるようです。こちらでは披露宴などの料金がかからず、ウェディングドレスなどで写真を撮影し、知人に手紙で連絡する形が一般的です。
籍を入れてから数ヶ月から数年後に結婚式を行う方も大勢いますので、すぐに結婚式を挙げなければならない、と焦らなくてもよいでしょう。

結婚式が終わったら

結婚式の後には結婚通知状を送るのが原則的なマナーです。
これは、これからの付き合いと新しい住まいなどの住所を連絡するためのものです。
この通知状は挙式の1ヶ月以内に送るのが一般的です。

式に出席した人にも送るのが普通ですので、結婚式に出席したから、と通知状を送らないのは失礼になります。
もちろん、親類や結婚式を欠席してしまった方にも送ります。

招待された時のマナー

招待状の返し方、断り方

招待状が届いたら原則として1週間以内に返事を送るのが一般的なマナーです。
すぐに返事を伝えたいから、と電話やメール、直接会って伝えるのはマナー違反です。気をつけましょう。

さて、招待状が届いたら返事を送りましょう。
出欠席にマルをつけマルを付けなかった方に2本の線で消します。
そして、「御出席」や「御欠席」の「御」の部分を消して一通り完了です。
更に、宛名の「行」を消して「様」に修正したり、こちらの名前が記載されえている「御芳名」という部分の「御芳」を消して「名」だけにするなど手を加えます。
それに加えて返事面の空いているスペースに一言お祝いの言葉を添えておくといいかもしれませんね。

続いてやむを得ず欠席しなければならないときの断り方です。
細かい欠席の理由は書かず、「やむを得ず」などとごまかすように書けばOKです。
また、まだ予定が分からない場合は欠席にしておきます。

悩むご祝儀の中身

ご祝儀の中身は自分との間柄で変えるのが一般的です。
更に、自分の年齢によっても中身を変える必要がありますが、大体の目安ですのでそこまできっちりと納めなくても大丈夫です。

結婚式に招待してくれた相手が兄弟の場合は5万円から10万円、同僚や友人などの場合は2万円から3万円ほどが一般的な中身です。
やむを得ず欠席してしまうときのご祝儀は上記のものを半分にした内容を事前に渡します。

披露宴で・・・

あらかじめ式場へは25分から30分ほど早めに到着し、それに続いて受付を済ませておくと焦らずに披露宴に参加することができます。
もし遅刻をしてしまった場合は、お色直しの際や会場が騒がしくなっているときに静かに入場します。

同じ席に座っている方には必ず挨拶をし、席を外す際は特に声をかけずテーブルにおいてあるナプキンを座っていた椅子に置き、席を立ちます。
スピーチの際は席を外さないようにしましょう。
また、食事のペースは同席している人たちのペースに合わせて食べるのがマナーです。

平服は普段着ではありません

結婚式の招待状には、まれに「平服で」という言葉が入っていることも。
これは普段着で、ということではなく正装ではない服装で、ということです。間違って普段着で出席してしまうと恥をかいてしまいます。気をつけましょう。