マクロビオティック ダイエット以外にも

毎日の食事を安全なものに変えるだけ

マクロビオティック

マクロビオティックとは、「マクロ」「ビオ」「ティック」という3つの言葉を複合した造語です。
健康的で長生きできるための方法と意味合いを持ち、今人気の食事方法です。

マクロビオティックとは

マクロビオティックは先ほども説明したとおり健康的に長く生きるための方法で、食事法を指します。簡単に説明すると、偏った食事を摂らずバランスの取れた食事をしましょう、ということです。その他にマクロビオティックスやマクロバイオティックとも呼ばれます。

マクロビオティックの利点

名前は聞いたことあるけど、どういった意味がるんだろう、と思った人もいると思います。マクロビオティックは病気にかかりにくくなったり、美容などにも効果があるといわれています。

バランスの取れた食事をするマクロビオティックは現代の油分の多い食べ物などを極力摂りすぎずに普通に生活をしているだけで効果が現れる、簡単な健康法ですので何か器具を購入する、など金銭面でも負担は少なくなっています。

マクロビオティックを実行する

偏った食事をしないマクロビオティック。バランスのとれた、食物本来の姿をしたものを食事で摂ることでマクロビオティックを実行していることになります。
今までの食生活を見直します。朝ごはんにトーストとコーヒー、昼ごはんにファーストフード、夜ごはんはコンビニの弁当・・・という生活では明らかに体に良くないのが分かります。

マクロビオティックに使うのは無農薬の野菜やお米だったり、動物性のない食べ物を選びます。
つまり肉を少なめに、野菜などが中心の食生活となります。
それを自然のままに食べることで、マクロビオティックをしていることになります。
さて、最初に書いた食物本来というのはどういうことでしょうか。
マクロビオティックの特徴として、食材をそのままの姿で食べるという決まりがあります。
米は玄米、魚はウロコ(皮)も食べるといった具合です。

そして、もう一つのマクロビオティックの特徴ですが、自分の住んでいる国で、季節に合ったものを食べます。
例えば秋にスイカを食べない、初夏にイチゴを食べない、などです。現在ではビニールハウスなどで季節外れの果物を作ることが出来ますが、本来実らない時期に無理やり実らせている食材です。
これでは本来体内のバランスが崩れてしまいます。
それを正していくのがマクロビオティックなのです。

マクロビオティックでの食材調達

無農薬の野菜に産地直送のお米、魚・・・と考えていると買い物にとても時間がかかってしまいます。
マクロビオティックはそういった面では面倒ですが、現在ではインターネットでも無農薬の野菜やお米などを簡単に購入することが出来るようになっています。
仕事の合間にクリックするだけで家に配達されるのでかなり役に立ちます。

送料が気になる場合も心配することはありません。大体こういった食物系は送料込みで販売していることの方が多いです。
更にほぼ産地直送や無農薬なので安心です。

参考までにこちらで無農薬というキーワードで検索してみました。
検索画面から更に検索することで産地直送のものや他の食材も探すことが出来ます。
インターネットでマクロビオティックの手助けになる食材がどれだけ購入できるか、見てみるのも楽しいですよ。

マクロビオティックで無理をしない

マクロビオティックをしている時に、どうも自分にマクロビオティックは合わないのではないか、と思う人もいると思います。
そのときは無理せずにマクロビオティックを中断しても大丈夫です。
健康や美容のために自分の体調を崩してしまっては、マクロビオティックの意味がなくなってしまいます。

マクロビオティックは自分の食生活に関することですので、最初は無理せず頑張ってみよう、という気軽な気持ちから始めた方が自分の負担にならず効果的ですよ。
マクロビオティックが自分に合っていれば続けて、もし合っていなければやめる、それくらいの覚悟で行いましょう。