睡眠不足の解消法 体への影響や症状

つらい睡眠不足を解消して質の高い眠りを

睡眠不足の解消法

現代人は毎日時間に追われ、睡眠時間が少なくなり、睡眠不足と自覚している人が大半を占めています。解消方法をわかりやすく簡単な方法で実践してみましょう。

睡眠不足の原因

睡眠不足の原因は、睡眠時間が足りないこと、または睡眠の質が悪く、眠ったつもりでも十分満足な睡眠がとれていないことが挙げられます。

この睡眠不足の原因を解消してあげることが、そのまま睡眠不足の解消へと繋がりますが、現代では1つのことを解消しただけで全てが解消されるわけではなく、いくつかの原因が重なって睡眠不足になっているケースがほとんどです。いくつか自分が当てはまりそうな睡眠不足の原因を考えてみてください。

会社や学校でストレスが溜まる、通勤・通学の時間や環境悪化、悩みやストレスなどはありませんか?

睡眠不足の原因は、食べ物や寝る前の習慣も関係しますが、毎日の何気ない行動や環境によってどんどん蓄積され、自覚できる睡眠不足へと大きなものになります。

睡眠不足の解消方法

日常のストレスを軽減する

毎日生活していれば関わってくる人間関係や生活環境。それらを見直し、できるだけストレスを受けないような環境へとシフトしていきましょう。簡単にできることではありませんので、考え方を変えたり、行動パターンを変えてみたり、現在自分がいる視点を少し変えてみることも大切です。
さらに睡眠不足が自分自身や他人にまで大きな影響をもたらす場合は、職場や学校、生活環境などの見直す必要があるかもしれません。専門家を訪ねるのも良いでしょう。

カフェインを摂らない

人によって様々ですが、寝る前にカフェインを摂ると神経を刺激してしまい、眠れなくなるということが起きます。自分では目が冴えてきたと感じなくても、体が刺激を受けている場合があります。
睡眠不足を感じたときは、夜はカフェイン類を絶ってみましょう。

眠くなるまで寝ない

不眠症にありがちなのが、「寝ないといけない」と思い込みすぎて、強迫観念から眠れなくなってしまうケースがほとんどです。また、無理に寝ようと布団に入るため、ここでは眠れない、という寝室への意識が作られることもあります。
眠くなったら寝室へ行き寝る。無理して寝ようとしないことも睡眠不足の改善には大切です。

適度な運動をする

十分睡眠時間をとってるのに眠い、という人は、いつもよりも少し体を動かしてみましょう。運動不足が睡眠不足になってしまうこともあります。
会社や学校でも座っている時間のほうが長くなり、ついつい運動不足になりがちです。
運動は疲労感を溜めるためだけではなく、ストレス解消にもなり得ますので1日の運動量を思い出してみて、自分でできる範囲のことをしていきましょう。

温度、湿度、室内環境を整える

睡眠不足を解消するためには快眠する必要があり、その第一歩としては睡眠環境をよくすることも大切です。
寝室の室温は、普段は20~23℃、冬は12~13℃、湿度は50~60%ぐらいが適当です。
そして安心して眠れるためにも光や音を遮断するために厚手遮光・防音のカーテンがお薦めです。
また、寝る前は蛍光灯ではなく照明を暗くして就寝の準備を精神的、身体的にしていくことをお薦めします。

睡眠薬はできるだけ飲まない

深刻な不眠症で医師にかかっている人でなければ、ほとんどの人は睡眠薬を飲まないほうがよいでしょう。生活環境や、自分の睡眠環境を見直すだけでも睡眠不足が解消されることがあります。
睡眠不足は生活環境を整えストレスから少しずつ身を守ることが大切です。

睡眠薬ではありませんが、安全な入眠を誘う飲み物でカモミールティーがあります。睡眠不足に悩んでいる方でカモミールティーを飲むとぐっすり眠れた、という人もいるくらい睡眠不足の解消に繋がるようです。
睡眠不足に悩んでいる方はぜひお試しください。