風邪の予防方法 対策は手洗いとうがい

受験シーズンなど風邪を予防したたいときに読んでください

風邪の予防方法

寒さが厳しくなる季節は風邪などをひきやすい季節です。風邪を予防すればいつものように快適な生活ができますよね。風邪を予防して快適な冬を過ごしましょう。

栄養を摂って体調を万全に

風邪になる原因は、まず栄養が十分とれていない場合がよくあります。普段の食生活を見直すだけで簡単に風邪を予防することができます。

まずは風邪やウィルスなどと戦う効果のあるたんぱく質や、鉄・亜鉛・銅などのミネラル分を十分にとりましょう。お肉や魚、レバーやほうれん草などを摂ると効果的です。また、風邪予防で有効なビタミンも十分にとる必要があります。

イチゴ、みかん、レモンなどのビタミンCやにんじん、ほうれん草などのビタミンA、レバー、かつお、マグロに含まれているビタミンBなどをバランスくとりましょう。特にビタミンB群は免疫力を高めるものです。栄養ドリンクなどにも含まれているのでいざというときは栄養ドリンクを飲んで休息をとるのも風邪予防に効果的です。

簡単な予防策を徹底する

風邪をひいてしまうときは、免疫力が低下し、粘膜が弱くなっているときです。粘膜が弱くなるときというのは、ストレスや栄養の偏り、疲労などが原因で、そんなときに風邪に攻撃されて風邪をひいてしまいます。

ですから、粘膜が弱くならないよう、さらに風邪のウィルスを近づけないようにするために手洗い・うがいは必須です。

さらに室内が感想しすぎると粘膜も乾燥してしまうため、できるだけ加湿器などを置いて湿度を上げておきましょう。湿度が低くなると風邪ウィルスも活発に動くようになってしまうので湿度50%以上にすることが大切です。

十分な睡眠をとり疲れを残さない

睡眠がとれないときは免疫力も低下し風邪をひきやすくなります。夜になると自然にリンパ球が活発になり、免疫力を高めてくれます。その時間帯に睡眠が十分にとれないと、免疫力が追いつかなくなってしまいます。できるだけ夜ぐっすりと眠り体を休ませてあげる必要があります。

体温を冷やさない

体温が0.5度下がると免疫力が30%も定価するという報告もあり、できるだけ体温を下げないようにする必要があります。部屋を暖めるだけでなく、冷たいものを飲んだり食べたりするのを避け、温かい飲み物などにすると体温を維持することは簡単です。

室温はそれほど上げず、湿度を上げることが風邪予防には大切です。

有酸素運動で体の免疫力を高める

風邪のひき始めや風邪をひいているときはお薦めできませんが、風邪の予防として有酸素運動はお薦めです。血行がよくなり、体を温めやすくなりますし、白血球の動きも活発になり風邪への抵抗力が強くなります。定期的な有酸素運動は風邪の予防だけでなく健康にも良いのでぜひ実践してみてください。

また、有酸素運動をする場合は、できるだけ口で息をせずに鼻で呼吸するようにしましょう。口からの呼吸だとウィルスがそのまま体に入り込んできてしまいます。

有酸素運動に限らず、鼻で呼吸する習慣が身についていないと風邪をひきやすくなります。