食後の歯磨き

食べてすぐの歯磨きを控えましょう

食後の歯磨き

食べた後は必ず歯を磨きます。これによって虫歯をほとんど予防でき、さらに口臭の予防にもなりますよね。では食べてすぐに歯磨きしていいのでしょうか。実は30分程度は歯磨きせずに唾液の自浄効果を待ったほうが良いとされています。食後の歯磨きの正しい方法を身につけましょう。

食後30分後に歯磨きをする理由

食後は口の中が酸性になっています。その酸性を中和するための唾液が食後30分は出ているそうです。また唾液には石灰質を修復するミネラルが含まれているため、虫歯予防のためにもすぐに唾液まで取り除いてしまうのはよくないとのことです。

歯磨きは食べかすを取り除くこと

食後30分程度したら歯磨きをします。食後の歯磨きの目的には食べかすを取り除いて虫歯の原因をなくすことです。
ただし食べかすは歯の表面に残っているわけではありません。
基本はほっぺたと歯茎の間、舌、歯と歯茎の間に残っています。ですから、基本的に歯磨きはしなくてもブクブクうがいと、つま楊枝やデンタルフロスだけで大丈夫です。しかし口臭や出すぎている唾液、食べ物の味を洗い流す意味でも食後の歯磨きはしてもよいでしょう。

ちなみにうがいとデンタルフロスでの食べかす除去はしたほうがいいです。これだけで虫歯予防率が相当高まります。

歯磨きは食後よりも就寝前が重要

食後の歯磨きは基本的に対人関係向けにするといってもよいでしょう。特に虫歯予防に大きな効果があるかといえばそうでもないからです。

では虫歯や歯周病予防に効果的なのは就寝前の歯磨きです。寝ている間は雑菌が繁殖してしまうため、10分程度かけてしっかりと歯磨きする必要があります。
そのときにデンタルフロスでのケアもしておくと完璧です。

また3ヶ月に一度、歯医者へ行って歯科検診と歯石除去をしておくと良いでしょう。