骨粗しょう症の原因と予防 治療、検査方法など

骨密度が低くなると骨折の危険性が高まります

骨粗しょう症の原因と予防

特に女性にとっては心配な骨粗しょう症。その原因と予防方法について細かく見ていきましょう。骨粗しょう症は日頃の注意で予防できます。

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症とは、骨の密度が低下し、スカスカになってしまうことです。
密度が低下することで骨折すると治りが遅く、寝たきりの原因にもなっています。

これは高齢者によく見られますが、ダイエットをしている女性にも特に見られ、若くても関係なく起こります。結果、骨折しやすくなります。

骨粗しょう症の原因

骨粗しょう症の原因の多くは、女性の場合、閉経後の女性ホルモンの低下とともに骨の量も減ってしまうため、骨粗しょう症になりやすいと言われています。
さらに加齢とともにカルシウムの吸収が低下していき、70歳くらいから骨粗しょう症になる人が多くいます。

また、ダイエットによるカルシウム不足が原因で若い世代にも骨粗しょう症になる人も多くいます。
そして運動不足も骨粗しょう症の原因であるとされています。骨は運動などの刺激によって骨を作る働きが活発になりますから、運動不足の人などは骨の量が減り、骨粗しょう症の原因となっています。

骨粗しょう症の予防方法

骨粗しょう症は毎日少し気をつけるだけで予防することができます。
加齢とともに避けることが難しい骨粗しょう症ですが、以下の予防方法を少しずつ実践してみましょう。

食事に関しては、毎日3食必ず食べるようにし、カルシウムの多い牛乳やチーズ、ヨーグルトを多く食べましょう。
その際、カルシウムの吸収をよくするビタミンDが含まれている魚、きのこ類も意識して食べると効果が高まります。
同じくビタミンKを含む納豆なども骨粗しょう症の予防効果を高めてくれます。
日本ではおなじみの食品で骨粗しょう症の予防ができるので、毎日食事を意識してみると良いでしょう。

また、運動不足な方は、無理な運動ではなく、ウォーキングや散歩程度から「動く」習慣をつけていきましょう。
関節痛などがある場合はプールなどの水中でのゆっくりとした運動が効果的です。

お薦めのサプリメント

骨粗しょう症にはカルシウムが必要ですが、食事から多くのカルシウムを摂るのは忙しい現代人には難しい場合もあります。
毎日3食の食事を少しでも気を使っていれば、あとはサプリメントで補うこともできます。
サプリメントでは骨粗しょう症のためにカルシウムとビタミンDを同時に摂れるものがあり、食生活に不安がある人にとても人気があります。

ネイチャーメイド カルシウム300mg+ビタミンD ファミリーサイズ
ネイチャーメイドのサプリメントは全国でもメジャーなサプリメントで、カルシウムとビタミンDを同時に摂ることができる、骨粗しょう症予防、改善に効果的なサプリメントです。
骨粗しょう症と同時に貧血も予防したいという方は、同じくネイチャーメイドのカルシウムマグネシウム亜鉛もお薦めです。