ノロウイルス

ノロウイルスの感染原因や症状、対策方法などを詳しく解説

ノロウイルス

ノロウイルスとは、急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一種です。感染すると仕事に行けないとごろか、普通の生活も困難になっていきます。冬場は特に食事、飛沫感染などでノロウイルスでぶっ倒れる人が多く出てきます。流行するともう抑えきれないほど感染拡大していき、その症状も下痢、嘔吐、発熱でトイレから動けないほどきついのが一般的です。ノロウイルスの症状や感染、対策について考えていきましょう。

ノロウイルスとは

ノロウイルスとは、急性胃腸炎を引き起こすウイルスの一種です。
1968年、米国オハイオ州ノーウォークの小学校で集団発生した急性胃腸炎の患者のふん便からウイルスが検出され、発見された土地の名前を冠してノーウォークウイルスと呼ばれました。

2002年、第12回国際ウイルス学会(パリ)において、それまで「ノーウォーク様ウイルス」と呼ばれていたものを「ノロウイルス属(Norovirus)」と呼ぶように正式に決まり、現在に至ります。

ノロウイルスの症状

下痢と嘔吐でトイレから離れられない

ノロウイルスの症状は、発熱・嘔吐・悪寒が特徴です。初期症状はなく、突発的に嘔吐が始まります。何度も嘔吐することでトイレを離れることができない状況になります。
嘔吐がおさまると、次は急激に悪寒が襲います。
悪寒とともに発熱も伴います。

体力の消耗で老人は死ぬことも

嘔吐、下痢、発熱で完全に体力が消耗してしまうほか、寝ていることすらできないほどの嘔吐下痢は精神的な消耗も激しくなります。風邪とは違い、ノロウイルスの脅威はここにあります。

老人の場合、体力が持たず、そのまま死んでしまう場合もあるほどの症状であることがノロウイルスの強さを物語っています。特に食事ができないこと、常に体力を消耗する下痢と嘔吐が成人でも数日で数キロ体重が減ってしまうことも珍しくありません。

介護する家族は気をつけること

さらに家族によって介護された場合、下痢、嘔吐を処理した家族が感染してしまうということがあり、ここもノロウイルスの恐ろしいところです。

ノロウイルスの症状は上記の通りですが、これらは大体2.3日で治まるようです。

感染

食中毒による感染

ノロウイルスの感染ルートはカキやアサリ、シジミなどの二枚貝によるものが最も多いといわれています。
ノロウイルスに感染した食品や蓄積した食品を食べることによる口内感染です。特に冬はこのような貝類の食事が旬になるため食べる機会が多くなるでしょう。従って感染確率は格段に上がります。

糞口感染

ノロウイルスに感染した人の便や嘔吐物から感染することが多く、汚物を処理したときに少数のウイルス粒子が手や衣服、器物などに付着し、そこから食品などを介して再び経口的に感染します。
ノロウイルスの症状がなくなってきたとしても便などからノロウイルスが排泄されるため、しっかりとした衛生管理が必要です。

また、ノロウイルスに感染した人がいる場所からヒトからヒトへ飛沫感染もします。感染力が非常に強いので、家族は必ず感染してしまうという意識を持って衛生管理を徹底してください。

感染してしまったあとの対策

ノロウイルスに対する抗ウイルス薬は存在していません。
このため、通常、対症療法が行われます。
下痢止めなどは体内にノロウイルスを滞在させてしまうため反対する医師もいるそうです。要はもっと下痢してノロウイルスをガンガン外に出せ、ということです。

体力の弱い乳幼児、高齢者は、脱水症状を起こしたり、体力を消耗したりしないように、水分と栄養の補給を充分に行いましょう。
家庭では、スポーツドリンクを電子レンジなどで人肌に温めて飲むことがお薦めです。電解質を含まない湯冷まし、お茶などは水分の吸収が遅いのでお薦めできません。

感染予防対策

ノロウイルスの感染を予防するにはまず調理など食品を扱う人の手洗いなどが最優先になります。
ノロウイルスは85℃以上1分間以上の加熱によって感染性を失うため、特にカキなどの食品は中心部まで充分加熱することが食中毒予防に重要になってきます。生牡蠣、牡蠣鍋なんかは若干やばい感じですね。しっかりと火を通したいものです。特に冬場は一気にノロウイルスが蔓延するので気をつけましょう。

ノロウイルスの症状がなくなっても数日間はウイルスが滞在するため、手洗いなどの感染予防は欠かさず入念に行いましょう。そして誰かにうつしてしまう可能性は高いため、できるだけ人と関わらないようにしたほうがいいですね。特に会社に行くとか学校に行くというのは迷惑でしかないため避けましょう。