二日酔いの解消と対策 予防、症状、薬など

頭痛や吐き気、だるさなどが主な症状。できるだけすぐに解消する方法を解説

二日酔いの解消と対策

社会人はお酒の付き合いも増える一方、仕事も毎日こなさなければなりません。二日酔いのまま仕事は辛い、そんなあなたのための二日酔いの解消方法と二日酔いの対策を解説していきます。

二日酔いの簡単な解消方法

飲み会の翌朝は二日酔いがひどい、そんな場合の解消方法です。
まず、二日酔いには大きく分けて2種類があり、体内にまだアルコールが残っていて酔っている状態と、アルコール分解後体内の水分が減り、頭痛や吐き気、めまいなどの症状が現れる状態があります。

二日酔いを解消するには体に残ったアルコールを出すことと単純に考えてください。
ですから、効率よくアルコールが排泄されるようにしていけば二日酔いが解消されるのです。

血中アルコール濃度を下げる

一番手軽なのは、スポーツドリンクやお茶などをたくさん飲み、血中のアルコールを排泄する方法です。これなら誰でもすぐに実践できるはずです。

そしてさらに効果的なのはシジミです。肝機能を活発化し、アルコールの分解を早めてくれます。シジミがないという場合は朝定食などのシジミの味噌汁などを飲食店などで注文するとよいでしょう。
そのほかに二日酔いの解消に役立つ食材は、柿、白菜、100%グレープフルーツジュースなどです。

そしてお酒や煙草の臭いなどもついている体をゆっくりとお風呂に入って洗い流しましょう。
ぬるいお風呂に使ってゆっくりと汗を出すことでアルコールを外に出していきます。このとき熱すぎると血圧が上がってしまい体に負担がかかってしまいます。スポーツドリンクなどで水分補給をしっかりしてから入りましょう。

常備したい二日酔い防止サプリメント

二日酔いを手っ取り早く簡単に解消するにはウコンのサプリメントが有名で実際に効果的です。
このウコンには肝臓の働きを活発化してくれます。
ウコンの強力なアルコール分解で二日酔いを解消に導くことができます。
また、アルコールによってビタミンバランスも崩れているので、マルチビタミンなどを摂るのも良いでしょう。

二日酔いの予防と対策

そもそも二日酔いにならないようにお酒を飲めばいい、と予防対策をとながらの飲酒もオススメです。
まずは前日から飲み会の予定がわかっている場合は十分な睡眠をとっておくことが必要です。
さらに飲酒前はすきっ腹にせず、軽く牛乳やパンなどの軽食を摂っておきましょう。

二日酔いの予防対策として、飲み会の席で食べたいおつまみを紹介します。
基本的にはアサリ、シジミ関係のメニューがあれば頼んでおきましょう。
枝豆や豆腐でたんぱく質をとり、鶏肉などでもよいでしょう。これらは定番メニューなので簡単に注文できるはずです。

基本的には無理な飲酒を控えることが一番の二日酔いの予防対策になります。