金属アレルギーの原因、治療、対処法

金属アレルギーはすぐに現れません。その対処法や治療法は?

金属アレルギーの原因、治療、対処法

金属アレルギーの方は、アクセサリーを身につけるのも一苦労です。そもそも金属は一般の生活野中にあふれていて、これがアレルギー反応を起こしてしまうと生活自体しにくくなってしまいますよね。まずは金属アレルギーの原因を知り、対策と治療法も覚えておきましょう。

金属アレルギーの原因

主な金属アレルギーの原因としては、アクセサリーなどの金属が汗でごくわずかに溶け出したものが、細胞を構成するたんぱく質と結合したことによって起こります。
特にネックレス等、汗をかきやすい場所につける金属アクセサリーはその症状が出やすくなります。

どのような金属がアレルギー反応を起こしやすいかというと、ニッケル、コバルト、スズ、クロムなどです。この順に金属アレルギー反応が起こりやすいので気をつけましょう。

金属アレルギーの発症

金属アレルギーは汗をかいたときにすぐ出るというわけではなく、1日後などかなり遅れて症状が出ます。このように発症が原因とずれていることから遅延型過敏反応と呼ばれています。
特にニッケルが金属アレルギーの原因となっていて発症率が高いことが特徴です。

アクセサリーだけでなく、歯の詰め物が原因で金属アレルギーが発症することもあります。

ただし眼鏡のフレームに使われるチタンは溶けにくく金属アレルギーを起こしにくいので安心して使って大丈夫です。

金属アレルギーの治療法

金属アレルギーの治療は基本的にステロイド外用剤を使用します。
症状がひどい場合は抗アレルギー剤を使用します。

金属アレルギーの予防

基本的には金属を身につけないようにします。
特に夏場の汗が出る時期は金属を外して生活したほうが無難です。もしつけている場合は汗をこまめに拭き取りましょう。

また銀歯等の歯の詰め物に関しては歯医者で取り除いてもらって、別の素材を詰めてもらうようにします。

プラチナや純金などの金属アレルギー

プラチナや純金はあまり溶け出ないため金属アレルギーを誘発する恐れは圧倒的に低くなります。しかし肌に傷がある場合などは念のためつけるのを辞めておきましょう。100%金属アレルギーが出ないとは言いきれません。