インフルエンザの初期症状 インフルエンザの症状と治療法

インフルエンザかなと思ったら48時間以内に病院へ

インフルエンザの初期症状

気温が低く乾燥する季節になるとインフルエンザが流行します。基本的には誰もがかかる可能性が多いことと、感染力が強いため、どんどん広がっていきます。インフルエンザだとわかったときには周囲にも感染が広がっている恐れがあります。
まずはインフルエンザの初期症状を確認し、もし当てはまるようであればすぐに病院に行って下さい。詳しい初期症状について解説していきます。

インフルエンザの初期症状とは

まず38度以上の高熱が一気に出ます。
このとき、風邪の諸症状である、せきやくしゃみ、鼻水などの症状は現れないことが特徴です。これらの初期症状がある場合はただの風邪であることがほとんどです。
ただし風邪をこじらせてインフルエンザに感染することもありますので注意してください。

そして関節痛と筋肉の痛みを伴います。関節痛は誰もが経験したことがあるでしょう。高熱と共に関節痛になると寝ているのもつらいほどです。また筋肉の痛みがあり、これらの初期症状によりインフルエンザであるとわかります。

薬が効かなくなるから初期症状が出たらすぐに病院へ

インフルエンザの初期症状を感じたら寝て市販の薬を飲むのでは手遅れになる可能性がとても高いです。

そもそもインフルエンザの初期症状が出た時点から48時間以内にタミフルなどの薬を飲むことで症状を抑えることができますが、72時間以上経過するとインフルエンザは悪化していきます。
要するに早期に薬を飲むことでその効果が最大限に発揮されるということなのです。

しかし手遅れになってしまうと人にもよりますが特にお年寄りや子供など体が弱っている場合は死ぬ可能性も十分出てきます。ニュースでもインフルエンザによる死者の報告が出たりしますよね。
ですから、まずはすぐに病院に行って、インフルエンザと診断されたら薬をすぐに飲む、これに尽きるのです。

インフルエンザは予防も大事

どんな健康な人でもインフルエンザに感染するときはすぐに発症します。そして今まで健康だったものが即日高熱で何もできなくなってしまいます。
こうならないために予防接種は特にビジネスマンや受験生には必須といえるでしょう。季節も入試や年度末に当たるため、インフルエンザの予防接種は季節の風物詩になっても良いくらいです。

また最近では初期段階であれば一度の点滴で治療できるものもあるため、何度も通院したり薬を飲み続けなくてよい治療法も出てきています。
とにかくインフルエンザかなと思った時点で病院へ行くことがすぐに治すための最善の方法だということです。