貧乏揺すりの原因と止め方 無意識にやってしまう貧乏揺すり

貧乏揺すりのの止め方は意外とシンプル

貧乏揺すりの原因と止め方

気がついたら貧乏揺すりをしてしまう、どうにかして止めたいと思っている方は少なくありません。どうして貧乏揺すりをしてしまうのか、どうやったら止めることができるのかを詳しく解説していきます。

貧乏揺すりの原因

はっきりとした原因は突き止められていませんが、当て決まるような仮説はいくつか出ています。

  1. 座っている時の筋肉収縮
  2. ストレス
  3. 血流促進

多くの場合はストレスによって自然と貧乏揺すりをしてしまうようです。何もしていないという不安感から貧乏揺すりをしてしまったり、取り組んでいることやそれ以外のことで悩みなどがありストレスが加わっている場合なども原因に挙げられます。

ストレスは運動によって解消されるものですが、実際ストレスが加わっているときに運動をして解消できるほうが少なく、座っているときにどうしても足が動いてしまうのです。貧乏揺すりをすることによってストレスを回避していると考えるのがベストでしょう。

しかしながら、確実な原因というのはまだわかっていません。

貧乏揺すりを止める方法

足を動かしてストレス解消している場合はガムを噛むことで顎の運動が加わり、貧乏揺すりが減ります。

根本的に運動を始めてみるとよいですが、実際にはそうもいきませんよね。ほとんどはストレスが原因で運動等によってストレスを解消するとが大切です。

また座り片を変えて、あぐらをかいてみたりするのもよいでしょう。可能であれば一度歩いたり、逆に寝っ転がって足を伸ばしてあげるとよいでしょう。脚の位置や角度を変えるだけでも変わります。

無意識にしてしまう貧乏ゆすり

意識的に貧乏揺すりほ止めても足には感覚が残っていますから、まだ貧乏揺すりで疲れてしまいますよ。それでも勝手に動き続けるんだからどうしても止めたいものです。

私は両足共に貧乏揺すりをし続けてしまい、していることもわかっていながらなかなか止まらないので毎日ふくらはぎが麻痺してきます。そんなこんなで歩くときに違和感を感じます。

脚は完全に疲弊しきっているのにもかかわらず、貧乏揺すりをしてしまうのは、自分でも分かる通りストレスです。何かが障害になっているようなとき、物事が進まないときなどに貧乏揺すりをしてしまいます。

運動をしたり、ストレスを溜めないような状態を作ることが大切ですね。