ビールとプリン体と痛風の関係

ビールのプリン体は痛風の根本原因ではない

ビールとプリン体と痛風の関係

ビールは飲み過ぎるとプリン体がたくさん摂ってしまうから痛風になってしまう、と思っている方がまだまだ多いようです。結論から言うと、ビールが痛風の原因というわけではないのです。詳しいビールと痛風の関係を見ていきましょう。

プリン体が痛風の原因になるプロセス

プリン体は窒素を含む化合物で、体内で不要になった窒素を尿酸として排出することで体を正常な状態に保っています。これが普通であり、ビールを飲んでも正常に肝臓・腎臓が機能していれば痛風にはなりません。

また、運動や食事などで常にプリン体は体内に多く存在し、ビールよりももやしや鰹節などにはビールよりも何倍~何十倍もプリン体が含まれています。だからビールに含まれているプリン体が痛風の原因になっているわけではないのです。

しかし、肝臓・腎臓がうまく機能しないと、尿酸が排出されず結晶化して関節に入り込み痛風になります。

痛風を予防する方法

肝臓・腎臓の働きを正常化させる必要があります。アルコールは内蔵系を酷使し疲弊させるため、飲み過ぎは全般的に痛風の原因になります。
逆を言えば、ビールを飲まずに焼酎や日本酒、ワインなら大丈夫と思っている方は痛風になりかねません。

まずは尿酸値を低くすることが大切で、肥満は尿酸値を高める要因にもなっています。これはメタボリック症候群の解消にも繋がります。
食生活を和食と野菜中心にして、運動をすることで結果的に体内へのプリン体摂取量を減らしていきましょう。また水分を多めにとることも忘れずに。

ビールを飲まないだけで痛風を予防はできない

痛風を予防するためには、ビールだけでなくアルコールは控えめにすることが必要です。
また、乳製品以外にはプリン体がほとんど含まれているため、普通に食べていればプリン体は毎日摂取していることになります。

だからビールを避けていれば痛風を予防できるというのはあり得ないことなのです。

プリン体が気になる方必須のサプリメント

アンセリン(DHC)
アンセリンはマグロやカツオといった回遊魚の特有成分を30倍に濃縮しています。1日3粒で60mgのアンセリンを摂ることが可能です。1日数回に分けて飲みます。アンセリンは、血中の尿酸値を下げる働きを持っています。